タイトルロゴ

玉子焼きこそ料理の実力がわかるので作り方のコツを紹介

玉子焼きこそ料理の実力がわかるので作り方のコツを紹介

1.玉子焼きで料理の実力がわかる
玉子焼きの作り方、と聞くと簡単に作れる基本の料理という印象を持つ人が多数いると思われますが、実は玉子焼きこそ、料理の実力が一番わかってしまう料理ではないでしょうか?

適当に何となく作ると、やはりなんだか適当な、可もなく不可もない普通の味になってしまいます。
しかし、きちんと出汁を取り、玉子自体も丁寧に混ぜすぎないことを心がけるとたかだか玉子焼きなのに立派に夕食のメインになってしまうほど、おいしく作れてしまうのである。
実際、有名な玉子焼き専門店もあるほどである。

材料も玉子のみのシンプルなだし巻き卵もいいが、長ネギをタップリ入れたネギ焼きも美味であり、牛乳や生クリームを入れた洋風オムレツタイプもたまには味わいたくなったりする。
和食の料理は山ほどあれど、材料こそシンプルだが玉子焼きほど奥深いものは他にはないのではないでしょうか。

普段の朝食のわき役になっている玉子焼きにスポットライトを当てて一度、基本のだし巻き卵に挑戦してみてはいかがでしょうか?
玉子焼きの持つ魅力に誰もが驚くことでしょう。



2.玉子焼きをふわふわにするコツ
玉子焼きは簡単な料理ですが、ふわふわに仕上げるにはコツが必要です。
実は2つのポイントをおさえるだけで、誰でもふわふわに仕上げることができます。

1つ目のポイントは、混ぜすぎないことです。混ぜすぎると卵のコシが失われてしまい、固まらなくなります。卵白は切るように混ぜると良いです。

2つ目のポイントは、マヨネーズを加えることです。卵は加熱すると、たんぱく質が固く結合されてしまいます。マヨネーズを加えることにより、乳化された植物油や酢が加熱によるたんぱく質の結合をソフトにし、ふわふわに仕上げることができます。しかも、乳化された植物油は冷めても固まらないので、やわらかさが続きます。

玉子焼きは日本料理の1つで誰にでも作ることはできますが、
作り方によって脇役にも主役にもなる奥が深い一品です。


3.玉子焼きをきれいに作るコツ
でも玉子焼きは意外に難しかったりします。

卵はコレステロール値が高いので、1日に1個や2個までしか食べてはいけないイメージがありませんか?
でもそんなことないんです!
2015年から、研究により摂取制限がなくなったそうです。
でも食べ過ぎは動脈硬化や脳卒中などを引き起こしやすくなるのでほどほどにしましょう!

さてキレイな玉子焼きを作るコツですが、まずフライパンは小さめのものがおススメです!
大きなフライパンを使うと生地が薄くなり、破れやすくなってしまうのです。

混ぜるコツは、混ぜすぎないことです!混ぜすぎると焼いた時にふんわり感が出にくくなってしまいます。
混ぜる時は、箸を器の底につけたまま左右に振って、ゆっくりと、切るように混ぜるのがコツです!

焼く時はたっぷりと卵を流し入れ、弱火でゆっくり焼きましょう。日が強いと、すぐに焦げ目が付いてしまい、キレイな玉子焼きになりません!

半熟の状態で端からクルクルと巻いていき、次の卵を流し入れ、最初にできた玉子焼きの下にも流し入れます。
これを繰り返していくと、厚みのあるふわふわの玉子焼がキレイにできます!

広告
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

サイトマップ