タイトルロゴ

広島県広島市にある広島駅弁当のたまご製品を食べた感想まとめ

広島市にある広島駅弁当のたまご製品

広島駅弁当のたまご製品(広島県広島市)

広島市にある広島駅弁当のたまご製品
広島駅弁当は明治34年創業、駅弁を100年以上鉄道の進化と共に駅弁を進化させ続けてきた会社です。

広島を拠点とする食品会社で、広島駅の駅弁の調製販売からはじまりましたが、その後業態を拡大して、レストラン経営・企業内食堂などの運営請負・ケータリング・コンビニエンスストアやスーパーマーケットへの卸などを広く手がけています。

地産地消とフロム・ファーム・トゥ・テーブルの精神を大切に安全、安心で美味しいお料理を届けています。

工場兼事務所で敷地はそこまで広くはありません。敷地内にはトラックも何台かとまっているのでここから商品が出荷されているのでしょう。割と綺麗な工場という感じがします。
広島市にある広島駅弁当のたまご製品

2.広島駅弁当はどんな雰囲気の会社

広島市にある広島駅弁当のたまご製品
主に弁当や惣菜、飲料などの製造ならびに販売を手掛けています。弁当は広島駅などで販売する名物駅弁の他に、会議用や法事用など幅広い事業展開をしています。

社員食堂・病院給食などの請負運営事業、各種施設のレストラン運営、デパート・スーパー・コンビニなどを対象とするお惣菜や弁当類などの卸売り事業も行っており、一部では小売やイートイン運営も展開しています。
広島市にある広島駅弁当のたまご製品
広島駅弁当の商品一覧
清盛瀬戸の彩り弁当 (1,200円)
瀬戸のかきめし (1,200円)
廣島上等弁当 (1,188円)
夫婦あなごめし (1,180円)
もみじ弁当 (1,100円)
びっくりたこ飯 (1,080円)
牛万年煮弁当 (1,080円)
六穀豚ミルフィーユカツレツ弁当 (1,080円)
六穀豚ミルフィーユカツサンド (700円)
寿改良軒かしわめし (770円)
瀬戸絵巻 (1,620円)
かえで (1,620円)
瀬戸絵巻 (1,296円)
行楽弁当 春日和(はるびより) (1,296円)
瀬戸絵巻 (1,100円)
若菜 (1,080円)
花暦 (1,080円)
スペシャル弁当 (1,080円)
行楽弁当 咲楽(さくら) (1,080円)
行楽御膳 (あおい) (1,058円)
ナイン弁当 (972円)
THEひろしま神楽寿し (972円)
おむすび街道 (918円)
会議用BOX弁当 (918円)
ほまれ (880円)
瀬戸絵巻 (864円)
優美 (864円)
行楽むすび弁当 (823円)
山のおべんとう (800円)
幕の内弁当(和風) (756円)
食彩20品目弁当 (720円)
大関 (700円)
幕の内弁当(洋風) (648円)
小結 (540円)
パワー弁当 (600円)
スタミナ弁当 (600円)
コンディション弁当 (600円)
幕の内弁当(なごみ) (540円)
豚生姜焼弁当 (500円)
メンチカツ弁当 (500円)
カラコロ弁当 (500円)
さば塩焼弁当 (500円)
ハンバーグ弁当 (500円)
市松弁当 (450円)
くまさん弁当 (345円)
おむすび各種 (110円)
サンドBOX50 (515円)

3.広島駅弁当の卵を食べた感想

うな卵(ひろしま駅弁)
うな卵(ひろしま駅弁)
商品名:うな卵
メーカー:ひろしま駅弁(広島県)
価格:¥398
1個当たり内容量:g
エネルギー :
種類:出し巻玉子
作り方:手作り
ふわふわ感2堅さ3 甘さ4 塩2出汁3 濃さ2
鰻の入ったたまごやき。卵の味は強くないので、鰻の味が尊重されている。卵は甘めで出汁の味もするが、全体的に卵は薄味。




4.広島駅弁当へのアクセス方法

エリア: 広島市
TEL:082-286-0181
住所:広島県広島市東区矢賀5丁目1-2
営業時間:



広告
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

サイトマップ