タイトルロゴ

島根県大田市にある旭養鶏舎のたまごを食べた感想まとめ

旭養鶏舎のお店

旭養鶏舎(島根県大田市)

旭養鶏舎は島根県西部の日本海に面した大田市にあり、国道9号線からわずかに入った場所に立地しています。生産する鶏卵場と直売所が併設されています。旭養鶏舎の発足は昭和36年にさかのぼり、その歴史の古さからも信頼できます。

旭養鶏舎のお店
旭養鶏舎のネッカエッグを使用した「プリン」「茶わんむし」「玉子とうふ」など、新鮮で高品質の卵を使用してこだわりの加工品を製造しています。


2.旭養鶏舎はどんな雰囲気の会社

旭養鶏舎のお店
直売所はあまり広くはありませんが、卵を使ったたくさんの種類のものが販売されています。
旭養鶏舎のお店
日曜日も営業しており農場で産まれた卵(ネッカエッグ)を、農場内の自社工場で加工、高品質の卵を美味しくて高鮮度な卵の加工品を生産しています。
旭養鶏舎のお店旭養鶏の店舗画像
商品一覧
赤玉あさひ(10ヶ入)
田舎の卵(6ヶ入)
ネット卵(15ヶ入)
ファミリーパック(20ヶ入)
石見銀山天領たまご(10ヶ入)
キヌヤのたまご(10ヶ入)
産直生き生きたまご
温泉たまご
厚焼たまご
たまごとうふ
味付けたまご
茶碗蒸し
タルタルソース
アイスクリーム
マヨネーズ
プリン

旭養鶏舎の会社
旭養鶏舎は島根県中央部に位置し、東西に鶏卵配送する面で立地の有利性(運送コスト等)を生かして、県内を中心に西部は山口県萩市から、東部は鳥取県米子市までの販売エリアを確保しています。島根県内販売シェアも30%を超え、年間販売高も12億円を超える勢いのある会社です。
旭養鶏舎の会社
衛生管理も徹底されています。トラックや人が鶏卵場に入る時は必ず消毒を行って菌を持ち込ませないようにしています。徹底した管理なら安心して卵を食べることができます。
旭養鶏舎の会社
新たな地元ブランドとして開発した「えごまたまご」「こめたまご」「えごまマヨネーズ」「えごまドレッシング」は、京阪神、関東地方まで販売されています。独自ブランド「ネッカエッグ」を使用した卵加工品は、高い評価を得ています。


3.旭養鶏舎の卵を食べた感想

旭養鶏舎の厚焼きたまご旭養鶏舎の厚焼きたまご
商品名:厚焼きたまご
メーカー:旭鶏卵舎(島根県)
価格:¥300
1個当たり内容量:300g
エネルギー :169kcal(100g)
種類:出し巻玉子
作り方:手作り
ふわふわ感2堅さ4甘さ4 塩2 出汁4 濃さ3
とても綺麗に巻かれている玉子焼きで、ふわふわ感はない。味は甘さが強いが、砂糖不使用は魅力的だが、みりんが強くてむつこさが少しある。出汁の味も強いのであまり卵の濃さは伝わらない。


旭養鶏舎のたまごプリン旭養鶏舎のたまごプリン
商品名:無添加たまごプリン
メーカー:旭鶏卵舎
価格:¥159
1個当たり内容量:110g
エネルギー :181kcal
種類:プリン
作り方:
まろやかでトロッとしたプリンで、味は卵の濃さがひきたっていて、甘さも強い。さすが鶏卵場のプリンだけある。カラメルソースは別で、ビターで程よく甘さがある。


旭養鶏舎のたまごプリン旭養鶏舎のたまごプリン旭養鶏舎のたまごプリン
商品名:日本海の夕焼け塩プリン
メーカー:旭鶏卵舎
価格:¥200
1個当たり内容量:110g
エネルギー :195kcal
種類:プリン
作り方:
とろけるようなプリンで、すっとなめらかで口に入れるととろける。味は牛乳が強くて卵の味も少し伝わる。塩はあまり強くないが、甘さも強くなくて上品で絶妙なバランス。

旭養鶏舎の味付けたまご旭養鶏舎の味付けたまご旭養鶏舎の味付けたまご
味付けたまご 旭鶏卵
3個入っていて、卵は小さめ。醤油ベースの味が少しついている。白身は厚くなくて繊維が細かくて柔らかい。味もついている。黄身は半熟に小さめ近くて濃厚で柔らかい。


4.旭養鶏舎へのアクセス方法

エリア: 大田市
TEL:0854-85-8421
住所:島根県大田市波根町221-1
営業時間:



広告
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

サイトマップ